こわかった

まおさんがガンになったとき

の、前後の事は覚えてない

 

色んなことネットで調べたり人に聞いたりしたのは覚えてるけど

どんな風にお知らせを受けて、その時どんな風に感じたかとか覚えてない

 

ただ、まおさんの好きなクラゲの写真集を持って、

乗ったことのない電車に揺られて、

行ったことのない大学病院に行って、

 

まおさんに会ったとき

まおさんは、細くて、なんか、茶色かった

 

たまたまその日が、初めて歩く日で、

左手に廊下の手すりを持たないと歩けなくて、私が点滴を持ってたのか、まおさんは私の手を持って歩いて、

こわかった

 

 

 

f:id:miwadesu:20190128165927j:image

 

 

それからもう5年以上も経って

まおさんは元気に笑っていて

踊っていて

まおさんはお腹をさわる

身体に触れる

 


f:id:miwadesu:20190128165916j:image

 

 

門前仲町の展示

名づけられる前の光 / ひかりの色

 

絵里子さんの絵と、

satokoさんの立体作品と。

齋藤麻生さんは、存在そのものが作品だって

satokoさんが言っていた

 

f:id:miwadesu:20190128171607j:image

この、右上の絵里子さんの絵がすき

(もう売れちゃってた)

 

 

 

まおさんのかけらたち


f:id:miwadesu:20190128165922j:image

 


f:id:miwadesu:20190128165940j:image

 

 

まおさんの言葉、もう一枚撮ったけど、それは私のお守りにしてここには載せない

 

 

satokoさんの作品からもれる、ひかり


f:id:miwadesu:20190128165931j:image

 

そのおくで笑うまおさん

 

 

 

私はお見舞いにその1度きりしか行かなくて、

その後もしばらく会えなくて、

なんだろうこの感じ、私薄情者かな、と思って

ずっと謎だったんだけど

 

こわかった、って今日はじめて口にして、

あぁ、こわかったんだ、って気づいた

 

 

 

 

f:id:miwadesu:20190128173721j:image

ライブゲストのツダユキコさんが着ているワンピースも、絵里子さんの絵

立体の絵画。きれい

 

一緒に歌った。楽しかった

 

 

 

 

 

 

初めて表現の世界に入って、

 

私の前、というかみんなの前でずっと旗を振ってくれてたまおさん

 

3.11の時稽古していた作品で

銀色の旗を振って走り続けてたまおさんが

ずっと私の中のまおさんだったから

 

枝みたいなまおさん

(大袈裟な言い方だけどそんな印象だった)

見た目だけじゃなくて、

なんか、とにかく、

前と違うそこの空気とか、もしかしたらいなくなるのかもしれないとか、そんな簡単な言葉にできるような感情じゃないけど、そういうの全部ひっくるめて、だったとおもう

 

 

 

ツダユキコさんの芽よ出ろソングで

f:id:miwadesu:20190128172959j:image

芽をだす
f:id:miwadesu:20190128173008j:image

3人
f:id:miwadesu:20190128173004j:image

 

(かわえぇ)

 

 

 

子供だなぁと思う

力になれず、どうしていいかわからず、

ただこわがってた

まおさんの心配より

自分の心配をしていた

なんか道というか、指針というか、

光を失ったようなこわさ

不安

そんなことだったように思う

 

 

 

 

ギャラリーchaabeeさんのカレー

f:id:miwadesu:20190128185130j:image

思ったよりピリ辛だたけど美味しかった

 

 

 

まおさんには光が溢れてて

笑顔が溢れてて

嬉しかった

 

 

 

まおさんに触れた

f:id:miwadesu:20190128165936j:image

 

 

きれいなまおさん。

 

 

 

 

私のペースで少しずつ近づけたらと思う

 

今日も少し

 

 

 

帰り道はえんぷてぃーとれいんにのって

f:id:miwadesu:20190128203606j:image

 

歯医者へ。

 

こわかったけど

 

まおさんが生きているんだから

 

 

なんのその

 

 

淡い

f:id:miwadesu:20190128203550j:image

夕日。

 

 

 

好きな人がいる嬉しさ

好きな人に会える喜び

好きな人の言葉がすき。