おしゃれになる

今朝、お仕事で来た静岡駅のトイレにて。

 

メイク直してたら、鏡越しに

手洗い場の小さい女の子と、小学生くらいの娘さんを連れたお母さんが映った。

 

妹はトイレの個室と手洗い場をバタバタと行ったり来たりとせわしなく、お姉ちゃんは洗面台の鏡に向かってカチューシャを直してる

 

多分妹はお姉ちゃんがカチューシャ直してるの待ちきれず、飽きてバタバタしてる

お母さんは妹さんに 手を洗いなさい!とかじっとしなさい!とか色々いってて、お姉ちゃんは鏡に向かって真剣な表情。

 

お母さんはお姉ちゃんに、もういいでしょ、と言って早く出たそうで、

まぁ妹ちゃんが早く出たがってるし2人子供連れてトイレは大変だよなぁとは思いつつ、

 

カチューシャくらい好きにさせてあげてよ…と

内心思ったわたし。

 

 

お姉ちゃんは、うんーとちょっと怒りぎみな生返事で、

まだまだリボンの角度なんかをなおしてる。

 

そうしたらふと、お母さんが

 

 

おしゃれになったわねぇ… と。

 

 

(お姉ちゃんは意に介さず(というかきこえてない?)な感じで、そこそこの満足度で調整は終わったらしく

ほどなくして3人は出ていった)

 

なんか、言い方は半ばあきれ気味、むしろ悪態?くらいなのに

その鏡越しに見える目線とか、声色からは

娘の成長を見守ってる、おしゃまさんな年頃になった娘を嬉しく思う感じが

滲み出てて、

 

 

しみた。

 

 

今週頭、引きこもってネットばっかやってたら

なんかだんだん

家ではYouTube見るのが当たり前みたいになってきてて、

途中からはちょっと、ネット漬けになったらどんな感じかの実験みたいになってってた笑

それ以外の時間も、会いたい人に会ったり、好きな事したりな一週間で

 

今日お仕事にどうスイッチ入れたらいいか正直わかんなかった。

 

家を出て、電車乗っても、なんか人付き合いがわずらわしかったりして。

新幹線の中でYouTube観ようとした時はやばいなーって思った、、(けど、やっぱり疲れてすぐ寝た)

 

インターネットは良くないとか、これからは必須であって当たり前な時代とか色々意見あるけど、

私個人としては

やっぱりあんまやりすぎると良くないなって思った。

まず、ネットは自分の思い通りになるから、人と接するのが面倒に感じるようになる。

あとは、なんかマイナスの気を受け止めすぎると、私自身の考え方も物事の悪い面が見えて来たり何かに悪態つきたくなるというか、重箱の隅をつつくような物の見方になったりする。

インターネットのせいにしてる訳ではなくて、確かに刺激の強い情報とか否定批判とかも溢れてるけど、それをクリックしたのは私だから、そうしてそっちの世界に吸い込まれていかないように、自分が気をつけないとなと思った。

 

だからなんか、お母さんのこの一言で、私は今朝スイッチが入った気がする。

 

 

書を捨てよ町へ出よう じゃないけどさ、

生身の人間の良さに触れた気がした!

 

ありがとう、おかあさん。

 

 

そんなわけで今はお仕事終えて帰り道なう♪

 

おとつい、てか昨日の朝2時ごろ

無事GoccoのLiveも終わって

楽しかったし、そのあと色々考えるきっかけになった

これからの私について

f:id:miwadesu:20181014181840j:image

人のことばっか見てないで、言ってないで。

 

私は私のことをやろう。