9/27.28誕生日イベントに向け、皆様にお伝えしたいこと。

最近、私の特性について知る機会がありまして、

どうやら私は人よりも、得意不得意のバランスが良くないみたいなんです。

 

 

 

まず、

 


私の不得意なこととして、

 


空気を読む

冗談などで場を明るくする

人の言葉、表情などから真意を読み取る

など

 


主に人とコミュニケーションを取ること、があります。

 


 

(そうは見えないけど、という方も、いや知ってるけど、という方もどうか読み進めていただけたら嬉しいです。)

 


ほして、

その不得意の一部を補ってくれていたのが

まつりちゃん、という存在でした。

 

 

 

(は?となるかもしれませんが、私もここ数日、うまく説明できず何度も書いては消しをしてまして、相変わらず拙い文章なんですがお付き合いいただけたら幸いです。)

 

 

 

さて、私

むかしっからずーと、

私の身体に何かが纏わりついてる 違和感 があって、

それは10歳くらいから意識され始めてだんだん厚くなって、20歳過ぎる頃にはかなり分厚くなっていて。

 

 

 

その正体は何かというと、

 


さきほど上に書いたような 不得意なこと を不得意だなと自覚する前に、それらのスキルを表面的にでも身につけないといけない環境(転校が続く、女子校に入るなど)

に居たゆえに

付け焼き刃的に身につけてしまった

 


"振る舞い"でした。

 


…というのはなんだか概念的なので、

分厚いコート と呼ぶことにします。

 

 

 

さて、

 


無意識のうちにまとわりついていた

分厚いコート。について。

 

 

 

当時は自覚がなく、ただ日に日に強まる違和感のみに困らされて(ぐれたり引きこもって不登校なったりして)いたので

大学卒業間際に出会った師匠をたよって上京。

 


そこで出会った人々は今までの人生のそれとは全く違う人々で、分厚いコートが必要な場面もなく、

そのおかげで24歳くらいの頃にはその分厚いコートはだいぶ薄くなり、且つ、コートに対して少しずつ自覚的(中身とコートが分離)になっていました。

 

そして26歳で正式に私に芸名がつくこととなり

その頃には随分コートも薄くなっていたのですが…

まだ肝心の、自分がどうなりたいか 何を目指してるか、がわからない状態で

不安なまま 芸能活動 という世界に足を踏み入れてしまいました。

 


そこでは再び、私の不得意なことのスキルが必要とされて、

気付けば昔と同じようにそのコートが私を守ってくれ、そして まつりちゃん を担当してくれて

多くの人とコミュニケーションを取る場や、初めましての場などでまつりちゃんががんばってくれるうち

中身 として存在できる機会は再び減ってゆきました。

 


お芝居の勉強をしてゆくうち、中身でいられる瞬間を少しずつ得たけど、切り替えがなかなか難しく…

そんなよくも悪くもどんどん分離してゆく時間を過ごしたのち

 


29歳で、念願の師匠の作品に音楽家として参加する機会を得ました。

 


そこでは、まつりコートは必要なかった、というかむしろ邪魔

そうするとコートの存在がどんどん鬱陶しくなってきました。

 


中身の方、を美和、と呼ぶことにしますが

美和のやりたいことや目指すものがしっかりしてくるのに比例して、コートは薄くなっていって、

そのかわり、分厚かった頃よりも余計に存在に悩まされました。(分厚い時はもはや麻痺してて存在に気付けなかった)

 

 


あーんなにもーーーこの薄い膜ーーー!!!

じゃまーーーーー!!!!!て。なってた。

 


 

その後私がお芝居から距離を置こうと思った理由はこれでした、

どんなに伝えようとあがいても、なんかうすーくある膜みたいなやつが、どうしても邪魔で、

そして唯一歌ってる時がそれが限りなく無に近いということが、音楽家の経験を通してはっきりわかったので。

 


あ、私はこの膜と生きていくか

私は私の特性としっかり向き合って膜とサヨナラするか選ばないと、と。

 


私は後者を選びました。

 

 

 

 

 


これを言ってしまうと、

え、今まで嘘のまつりちゃんと話してたん…とか

思う方がいるかもと思って

言えなかったんです。

 


でも、決してそうではないんです。

 


ていうか"まつりちゃん"と"美和"って分離した言い方してますけどひとりの人間ですからそんな器用なことはできなくて、まつりちゃんも私の一部ではあります。

 

ただ、人から、ハートが強いとか心臓に毛が生えてるとかよく言われてたんですが、

それはまつりちゃんのおかげで、

これからはなるべく

そのコートというか膜を脱いだ中身=美和で接したいなと。

 


美和、そんなハート強くないし、色々とバランス悪いんですけど…。

けど、ずっと隠れ蓑の後ろに居るよりは、これから、ほんとの意味で強くなってゆける、とおもっています。

 

 

 

 


小さい頃からコートに守って貰っていた美和は、人によっては、今までのまつりちゃんのイメージとは違うかもしれません。

それで、なんかちゃうわ…と離れていく人がいるかもしれへん、それは悲しいけど、

 


私は私がしんどくない方を選びました。

 


 

こういうことを、大切な方には、ブログじゃなくて直接言いたくて、

本当やったら、一人ひとりに会いに行って伝えるべき、

やけど有難いことに大切な方がたくさんいるし…

 


ここは誕生日っていうことに甘えて、

会いにきて貰えたら、嬉しいなって、いうので企画しました。

 

 

 

 

 


ちなみに

生誕祭とか恥ずかしげもなくよー言うわ…とか、自分でも思うときありますけど、(それでもかれこれ5年くらいやってますけど笑いつもありがとうございます!)

じゃーなんでやんの?というと

 

そもそも、私はキリの良い数字とか節目とかとにかく数字が好きで、一年の計は元旦にあり的な感覚で

誕生日にはイベントありなノリで企画してます

 

なので、私の生誕を喜べ!祝え!賛美しろ!みたいなニュアンスは全くないことをここに記します笑 あたりまえやけど!

 

じゃぁ何がしたいん?というと、今回に関して言えば、今まで長々と書いたようなことがお伝えしたくて

それが~さよならまつりちゃん~の意味なんですがそれがまた

なんやねんそのヘタな気の引き方

的に伝わってたらすみません、そうではなく

この膜の気配に気づき始めた頃から、いつか

 


さよならまつりちゃん

 

というタイトルの公演をしたいと思っていて、公演という形ではなかったですが、

つまりそのさよならの日が来たってことで。

す。

 

 

 

なげーーーーー!!!!!!

 

 

 

読んで下さって本当に嬉しいです、感謝です。

 


パーティー当日、そもそもマルチタスクも不得意な私は、色んな人と並行して話せないかもしれなくて、カオスな感じになるかもしれないですが、それでも可能な限り、

上滑りな会話を避けて、しっかり一人ひとり来てくださった方とお話したいなと思っています。

 

 

 

最後の最後に念のため

誕生日イベントだからプレゼント持っていかなきゃとか、本当にお気遣いはいりません。

振りじゃないです。

お気持ちだけで充分です、ありがとうございます。

 


これからの美和を見にきてやっていただけるだけで、

本当に本当に嬉しいです。

 

 

 

 

🐣↓イベント詳細↓🐥✨

 


✨\入場無料!!!/✨\2days!!!/✨

🎉バースデーパーティー企画🎊


❤️感謝祭美和~さよならまつりちゃん~❤️


9/27(木)9/28(金)

19:30~22:30ノーチャージ

500円おつまみ&ドリンクあり♪


@経堂 さばのゆ

http://sabanoyu.oyucafe.net/1159.html

 

イベント詳細♪

https://www.facebook.com/events/956683601187565/?ti=ia

 

f:id:miwadesu:20180923032000j:image

 

よんでくれてほんまにありがとう!!!