刺せ!

ゴドーを待ちながら

Waiting for Godot.

ワークショップおわったー!

f:id:miwadesu:20180717205525j:image

1日目。

 

 

ずっとこの台本をやっている。

少し久々の参加。

 

お芝居と距離を置いてから初めての参加、

久々に台詞を話す。

 

 

もっと、刺せ。

 

 

言われたこと。

 

 

明日は、もっと、刺す。

 

 

 

 

改善されていたことは、

・余計なこと(動きとか、抑揚とか)が少なくなった。

・前よりも、相手や空間に集中(解放)できた。

・失敗にこだわって次にすすめないことが少なかった。

・やっていて楽しいと思えた。会話とか、その場にいる事とか。

 

 

 

前まで、ダメ出しが、余計なことするな、だったのが、

もっと刺せ、になった。

外側のは少しとれて、内側のことにシフトしてきた。

 

 

どんな風になっても、私は私だからとりあえずやってみようと思って身を投じてみた。

 

いちゃいちゃしているカップルのようになってしまった。

 

 

私は普段、向き合わないといけないことから、こういう風に逃げているんだなぁと自覚。

 

一度、途中で止められて、言われてはっとして、逃げないようにした。

 

少し苦しかった。

 

 

ヴラジーミルと、エストラゴンが、ゴドーを待っている。

死体の山がある。

そのざわめきが聞こえる。

 

木がある。

人間は2人だけ。

 

 

ほかの先輩方は、男女ペアでも、とても親しくしていても、芯があった。

事実に目を向けないよう笑っていても、冗談を言い合っていても、

その現状をしっかり受け止めて把握したうえでそうしているのが見えていた。

 

2人ともが、自立していた。

 

 

私は、もしかしたらしっかり事実に向き合ったら暗くなっちゃうかも、という心配から

ちょっとむりしていた。

 

それが馴れ合いっぽく見えてしまったのかも。

 

 

あと2回ある。

 

ちょっと暗くなっちゃうかもしれないけど、

ちゃんと向き合って、刺そうと思う。

 

閉じないように気をつければ、きっと大丈夫なはず。

 

 

 

おなかがすいた!!!!!

 

下北沢と言えば、

シアター711で公演していた頃

お客様に教えていただいてハマった

 

山角 さん

https://mobile.twitter.com/sankaku_sankaku

 

飲める定食屋!

 

美味しいんです、さば味噌定食とか、

食器も趣があって、ただおかんの味って感じじゃなくて

 

料理のめっちゃうまいおかんの味!

 

部活帰りの高校生たちが、お前のおかんの飯めっちゃうまいからってその子の家に集合しちゃって

おかん、特に気取ったりしないんだけど

ササッとめっちゃ美味しい唐揚げあげてくれて

 

はいはい〜って出してくれるの

f:id:miwadesu:20180717210210j:image

 

そんな感じ!

 

 

ってなわけめ、いただきます。